ピックアップ特集
オンラインショップ会員様特典始めました 詳しくはこちらから 当店一番人気!ヒンジアルバム 自分で綴って、増やせるアルバム
  • 初めての方や贈り物に ヒンジアルバムセット
  • 一枚単位で購入できる ヒンジ中枠
  • ページを追加したいとき ヒンジ裏紙
  • ピックアップ特集
  • 家族フォトコン2022
  • 新しい支払方法
  • ヒンジアルバム
  • バタフライアルバム
  • アンバサダー募集
  • アルバム台紙作りのコツ
  • すぐに使える500円分ポイントプレゼント
  • シャコラ

アマチュアからプロカメラマンの方へ

お気に入りの一枚、思い出の一枚がデータとして残ったままになっていませんか?
一枚の写心では、台紙をはじめ、プリントされたお写真の様々な飾り方をご提案させていただいております。
特別な一枚を、いつも目の行き届くお部屋にレイアウトすることで、毎日がより色鮮やかに。
すべて国内産の上質な製紙を使用しておりますので、安心のクオリティーです。
台紙・アルバム作成がすべての方のより身近な楽しみになりますように。

 

第1回「カメラの選び方」

2013年01月31日

高井晶子(Akiko Takai)フォトグラファー

コラム「イメージを表現する」では、カメラマンであり、写真教室で講師もされている高井晶子先生に「自分のイメージを表現するための方法」を教えていただきます。

フィルムカメラからデジタルカメラになって、カメラの選択肢はますます増えてきました。

コンパクトデジタルカメラ、ミラーレス(一眼)カメラ、一眼レフカメラと大別できますが、その中でもさらに多くの種類があります。
新しくカメラを買う時、買い換える時は、どのカメラを買ったらいいのか迷いますし、カメラを買った後に友人や知人が使っているカメラを見ると、そちらのカメラの方がよく見えてしまい、また買い換えたくなったりと、きりがありません。

気をつけたいのは、カメラは写真を撮るための道具であって、写真を撮るのは自分自身だということです。自分のスタイルにあったカメラであれば、価格や新しい古いに関係はないのです。どんなカメラにも、長所と短所があります。高級機種だから短所がない、コンパクトカメラだから長所がない、ということではありません。
これまでに撮った写真をまとめて見てみると、どんな写真が好みで、どんな写真を主に撮っているかがよくわかります。

まずは、自分がどんな写真を撮りたいかをよく考えてみてみましょう。自分が撮りたいスタイルに、カメラの長所があっていれば、カメラを買い換える必要はない、ということになります。カメラのことを考えるよりも、まず自分と写真の関係性を再確認することからはじめてみましょう。