アマチュアからプロカメラマンの方へ

お気に入りの一枚、思い出の一枚がデータとして残ったままになっていませんか?
一枚の写心では、台紙をはじめ、プリントされたお写真の様々な飾り方をご提案させていただいております。
特別な一枚を、いつも目の行き届くお部屋にレイアウトすることで、毎日がより色鮮やかに。
すべて国内産の上質な製紙を使用しておりますので、安心のクオリティーです。
台紙・アルバム作成がすべての方のより身近な楽しみになりますように。

 
 
コラム

第2回 「見る」ということを考える

花びらが作るラインがきれいに見え、思いきり花に近づいて撮ってみました。

「写真を撮る」というと、カメラが撮っているように思えますが、カメラは写真を撮るための道具であり、写真を撮っているのは自分自身です。自分が見ているものが写るのです。 では、見るということは、どういうことでしょう。気をつけた […]

→続きを読む

第1回「カメラの選び方」

エッセイ1

コラム「イメージを表現する」では、カメラマンであり、写真教室で講師もされている高井晶子先生に「自分のイメージを表現するための方法」を教えていただきます。 フィルムカメラからデジタルカメラになって、カメラの選択肢はますます […]

→続きを読む