コラム
ニッポンの歳時記

もうすぐ11月15日!

もうすぐ11月15日……、七五三ですね! 七五三の由来は前に書いたことがありますね!江戸時代・5代将軍徳川綱吉の長男の長寿を願って始められたのが起源だといわれています。 神社には着物姿で七五三のお参りにくる子どもたちの姿 […]

→続きを読む

成人式

日本では、古くから男の子が大人の仲間入りをする通過儀式が行われており、これがいまでいう成人式でした。 すでに682年には儀式として制定されており、奈良時代以降は「元服」と呼ばれるようになりました。 宮廷や貴族たちの社会で […]

→続きを読む

冬至

1年の中で昼の時間が最も短く夜が長い日「冬至」。 12月21日頃となります。 冬至は二十四節気のひとつで、昔 中国では冬至が暦の始まりとされ、儀式が行われていました。 そして、19年に一度、11月1日が冬至に当たるときは […]

→続きを読む

七五三

IMGP9251-001

11月15日の行事「七五三」。江戸時代 徳川綱吉の子供、徳松君のお祝いを天和元年11月15日に行ったことから、この日になったと言われています。

→続きを読む

お宮参り

生後初めて、近くの神社などお参りする「お宮参り」。 昔は生まれた子どもを、その土地を守る氏神様に認めてもらい、 地域社会の一員にするための儀式でした。 起源は平安時代、貴族の間で「歩行初め」(あるきぞめ)という習わしから […]

→続きを読む

花火大会

夏の風物詩のひとつ「花火大会」。 暗い夜空を彩る鮮やかな色の花火を見ていると、夏の暑さを一瞬忘れさせてくれます。 日本で最初に花火が打ち上げられたのは1733年です。 前年の1732年、享保の大飢饉と疫病(伝染病)により […]

→続きを読む

暑中見舞い・残暑見舞い

夏のご挨拶と言えば「お中元」です。 「お中元」とは、日頃お世話になっている方々へ、感謝の気持ちを込めて贈り物をする事です。 この風習は中国の「三元」が伝わったとされています。 「三元」とは、1月15日を「上元」、7月15 […]

→続きを読む

七夕

7月7日は七夕。地域によっては8月7日のところもありますが、各地で七夕祭りが開催されています。 この七夕は、日本に古くから伝わる棚機つ女(たなばたつめ)と、中国から伝来した牽牛星と織女星の伝説が結びついたと言われています […]

→続きを読む

夏至

夏至とは1年で昼の時間が一番長く、夜が一番短くなる日です。 冬至の太陽が出ている時間と比較すると、4時間以上も長いそうですが、 実際には梅雨の真っ最中。日照時間は冬よりも短いことが多いようです。 この時期、「夏至の絶景」 […]

→続きを読む

↑ページの先頭へ