コラム

第2回 「見る」ということを考える

花びらが作るラインがきれいに見え、思いきり花に近づいて撮ってみました。

「写真を撮る」というと、カメラが撮っているように思えますが、カメラは写真を撮るための道具であり、写真を撮っているのは自分自身です。自分が見ているものが写るのです。 では、見るということは、どういうことでしょう。気をつけた […]

→続きを読む

第1回「カメラの選び方」

エッセイ1

コラム「イメージを表現する」では、カメラマンであり、写真教室で講師もされている高井晶子先生に「自分のイメージを表現するための方法」を教えていただきます。 フィルムカメラからデジタルカメラになって、カメラの選択肢はますます […]

→続きを読む

↑ページの先頭へ